審美歯科Esthetic Dentistry

審美と聞くと、歯や歯並びを綺麗に見せる美容歯科をご想像されやすいですが、本来審美歯科の目的は「歯の機能回復」です。
噛み合わせや歯並びの悪さによって起こる症状を回復し、その結果として歯並びを整え、歯を美しくします。

ご自分の歯を長持ちさせる為にも、整った歯並びや正しい噛み合わせを手に入れましょう。

とにかく歯を白くしたいというご要望から、金属を入れている部分を自然な歯の見た目にしたいなど、目的や治療期間・費用によって最適な治療法を選択することが大事です。

とにかく白い歯にしたい場合

歯の機能回復とは関係のない審美歯科治療は、保険の対象外となります。
臼歯部、前歯部に関わらず、咬み合わせさえ問題がなければ入れることは可能です。
色は自分の歯の持っている色にあわせて作るオーダーメイドになります。

M.B(メタルボンド)

金属の上に陶材を焼きつけたもので、傷がつかず半永久的に色が変わらず、輝きは天然の歯に一番近いものです。
☆金属アレルギーある方は要相談

オールセラミック

金属を一切使わないのでより自然な色合いが再現できます。
また永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで、天然歯の様な美しさを保ちます。
金属アレルギーをお持ちの方でも、安心してご使用いただけます。

ハイブリッド冠(エステニアCr)

裏打ち部分に金属を使わず、陶材とプラスチックを合わせて作るものです。
透明感があり自然な色ですが、力に対して弱いので、咬み合わせでできないケースもあります。

Pt-AuCr

Pt-Au(白金加金)を用いたもので、特に神経のある歯におすすめです。色は金色になります。
丈夫な上に熱伝導もよく、咬み合わせが強いので安心して入れられます。

ブリッジ

失ってしまった歯を回復させるために行う方法の一つ。
取り外しできない入れ歯と考えていただくとよいかと思います。

基本は欠損した両側の歯を使って作るもので、義歯を入れている方でもブリッジにすることが可能な場合もあります。
欠損している部分や本数によって保険が適応にならないこともあります。
詳しくはご来院の上、ご相談ください。

冠(クラウン)

歯の上から全体に被せるタイプのものです。
虫歯などで歯の崩壊が大きくなったり、神経を取った歯は、土台をたてた上で被せたりすることもあります。

保険で作る臼歯部

金属の中でも金、銀、パラジウムというもので作られ、銀色になります。
臼歯部はすべてこれが保険での対応となります。

前歯の部分

上、下額の前歯6本ずつは、裏が金属で見えるところが硬質レジンというプラスチックで作れば、保険の適用となります。
一本でもブリッジでも保険の適用です。

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、歯を白くするための治療法です。
専用の薬剤を利用し、歯の着色を漂白する方法が一般的です。

コーヒーや紅茶といった飲み物や、カレーなどの色の強い食べ物によって、歯は毎日少しずつではありますが着色されてしまいます。
一度色素が沈着した歯が、自然に元の色に戻ることは基本的にありません。
ホワイトニングはこういった着色を元の歯の色に近づけることができる治療です。

ただし、健康状態や持病によっては薬剤の使用が禁止されている場合もございます。
ご興味のある方や施術をご希望の方は、健康上の問題を避けるため、まずは当院までご相談ください。

インターネット予約   矯正歯科・インプラントの無料相談
ページ
最上部
TOP
PAGE
TEL