インプラントImplant

インプラントの基礎知識

インプラントを正しく・長く使っていくために

インプラントは人工の歯根です。
入れ歯と違い、自然の歯に近い機能性があります。

インプラントは骨の中にきちんと全て埋まっていなければ長持ちしません。
充分な骨量があることが重要です。


インプラントの構造と、必要な骨量です。
骨量が足りないと、土台をしっかり支えることが出来ません。


骨量は一般的に、前歯では幅が、奥歯では深さ方向の厚みが足りなくなりがちです。

歯が抜けて放置したため
骨量が減ってしまっている
  重度の歯周病のせいで
骨が溶けてしまっている

歯が抜けた後で放っておいたり、歯周病が進行したりすると、
骨が吸収されて骨量が減ってしまいます。早めの治療が大事です。


骨量だけではなく、埋入の位置も重要です。
これは正しい位置のインプラントの図です。
 
インプラントと当たる歯を対合歯と言います。
対合歯にきちんと合わせることが重要です。

インプラント治療で大事なこと

正しい埋入方法が非常に重要です

インプラントをしっかりと少ない負担で使い続けるためには、正しい埋入方法が必須です。


インプラントは骨の状態を把握し、正しい位置に埋入することが重要です。


例えば、上図のように位置がずれたまま埋入したものや、斜めに埋入されたりしたものは、良くないインプラントです。

当院に相談に来られた方で、斜めに埋入され、 その上に強引にかぶせものをつけたせいで、金属部分が露出していた例も…。
このような状態では本来の機能をまるで発揮できません。

埋入に失敗したインプラントの回復は困難です

埋入に失敗してしまったインプラントは、下記のようなデメリットがあります。

  • インプラントが抜ける
  • かぶせものがすぐ割れる
  • 顎骨にダメージが掛かる


埋入位置が合っていないインプラントは噛みにくく、無理な力が掛かり、破損や疾患の原因になります。

失敗したインプラントを治すためには…

失敗したインプラントを、通常の状態に治すには、以下の様な対処が必要です。

  • 1:骨を削って摘出手術
  • 2:骨再生術の施術
  • 3:骨が再生してから埋入

どの方法でも簡単なものではなく、失敗したものを後から治すのは並大抵のことではありません。
そのため、インプラントは事前の治療計画と確実な施術がとても重要です。

インプラントの施術をする際に重要な事は…

インプラントの施術を失敗させないためには、以下のことが重要です。

  • 十分な分析
  • 正しい診断
  • 確実な施術

しっかりと分析・診断・そして施術ができる歯科医院に通うことが大事です。
当院では、「安心から信頼へ」をモットーに、患者様お一人お一人細かく異なる症状をよく分析し、安心できる治療や施術として反映できるようご提案を進めております。

当院のインプラント治療

専用のガイドシステムを使った治療を行っております


当院はインプラント用の診療ソフトウェア「SIMPLANT」を使った、精密診断と手術前シミュレーションが可能です。


「SIMPLANT」を使い、CT画像から顎の骨の3Dモデルを作成し、骨量を正しく把握します。

実際の手順


更に顎骨の3Dモデルデータにインプラントを埋入し、充分に骨の量があり、噛み合わせの問題がない最適な位置を見つけ出します。


精密診断と治療計画をもとに、3Dデータから 患者様の歯型に合わせた「ドリルガイド」を作ります。


実際にインプラント埋入手術をする時には、「ドリルガイド」を歯にぴったりとかぶせ、ガイドの穴に合わせてドリルを当てます。


そのままガイドに合わせて正しい位置にドリルを入れて、顎骨にインプラントを埋入します。


ガイドを使うことで、埋入位置や角度のぶれを無くし、安定して埋入を行うことができます。

システムを導入することによるメリット
  • 1:テクノロジーにより安全性を高める
  • 2:術前シミュレーションでイメージを掴む
  • 3:症例診断と治療計画に注力できる

治療全体のレベルが向上!

当院ではこのシステムで安全性や信頼性を高めることにより、これまでの治療より確実に治療の質を向上させることができました。

また、当院では治療を行う前にインプラント無料相談が可能です。
お悩みの方はぜひご相談ください。

インターネット予約   矯正歯科・インプラントの無料相談
ページ
最上部
TOP
PAGE
TEL